低用量ピルの認識

経口避妊薬として認知されているピルですが、低用量ピルを服用することで生理痛の緩和効果が期待できます。生理痛で悩んでいる女性は少なくないはずです。ひどい場合は、寝込んでしまうこともあるようです。何とかしたいと持っている方もいるのではないでしょうか。そんなときに低用量ピルが生理痛を緩和してくれるでしょう。では、どうして低用量ピルで生理痛の緩和効果が期待できるのでしょうか。

生理とは

生理は女性が妊娠をするための現象と考えられています。正式には月経といい、月のリズムのように一定に感覚で起こります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンには子宮内膜を厚くする働きがあります。子宮内膜の厚さが増してくると、卵巣から卵子が排泄され、プロゲステロンも分泌されます。そして、卵子が着床できるよう準備を始めます。

卵子が精子と出会わず着床をしなかった場合、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が一気に減少をして、子宮内膜を維持できなくなります。そして、出血と同時に子宮内膜が排泄されます。この現象を生理と呼んでいます。

生理痛とは

生理で起こる痛み
生理痛とは生理に伴う痛みのことです。生理痛には機能性月経痛と器質性月経痛があります。機能性月経痛とは、痛みに関係をしているプロスタグランジンの分泌が多くなることで引き起こされる生理痛です。若い女性に多くみられ、年齢を重ねるとともに痛みが和らいできます。

器質性月経痛とは、子宮筋腫や子宮内膜症など器質的なことが関係している生理痛です。本来、子宮内膜は子宮内に出来るのですが、子宮筋層内や骨盤内に出来てしまう疾患が、子宮筋腫や子宮内膜症です。子宮内膜のようにホルモンに反応をして出血をして、炎症が起こってしまうので痛みを感じます。

プロスタグランジンで痛みが発生

プロスタグランジンは、生理前から生理初期にかけて分泌されます。子宮を収縮させて子宮内膜の排泄を促す働きがあります。プロスタグランジンの分泌量が増えると、子宮の収縮が強くなって痛みを感じます。
生理痛が強い方は、プロスタグランジンの分泌量が多くなっているといわれます。プロスタグランジンは体の他の部位にも作用をするので、体の他の部位が痛くなることもあります。

低用量ピルの生理痛への効果

低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンが含まれています。低用量ピルに含まるこの2つのホルモンが子宮内膜の増殖を抑制します。子宮内膜の増殖が抑えられることで、プロスタグランジンの分泌も抑制されて、生理痛の痛みが和らぐ効果を発揮します。

低用量ピルのその他の効果

生理前にイライラしている女性
低用量ピルを服用することで出血の量も減少します。出血量が多くナプキンを頻繁に取り換えなくて困っている女性もいると思います。また、出血量が多いと失われる鉄分が多くなるので、鉄欠乏性貧血が心配されます。低用量ピルの服用により出血量が減ると、生理が楽になる効果が期待できます。生理前にはイライラや頭痛など不快な症状に悩まされる方が少なくありません。生理前のイライラなどの不快な症状はPMSといわれています。PMSはエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動が原因といわれています。

低用量ピルにはPMSを和らげる効果があります。低用量ピルに含まれるエストロゲンやプロゲステロン類似ホルモンを取り込むことで、脳は女性ホルモンの分泌を抑えるモードになり、排卵を促すホルモンの分泌が低下します。すると、排卵が刺激を受けないので排卵が抑制され、女性ホルモンの変動の波を一定に保つことができます。女性ホルモンの変動の波が少なくなることで、PMSに効果を発揮するのです。そして、この排卵の抑制は低用量ピルが持つ避妊効果にもつながります。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルの飲み方イメージ
低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあります。いずれも成分を含んでいるのは21錠です。28錠タイプの残りの7錠は偽薬です。21錠タイプは、3週間飲んだ後1週間飲むことをやめます。28錠タイプは成分を含む錠剤を21日間続けて飲み、7日間成分を含まない偽薬を飲みます。飲む時間帯は毎日できるだけ同じにします。

飲み忘れてしまった場合は、気がついて時点できるだけ早めに飲むようにします。半日程度飲むことが遅れても低用量ピルの効果がなくなることはありません。24時間開いてしまったら、次の日に2錠飲みます。2日以上飲み忘れてしまったら、飲み忘れた日から数えて1週間飲むことをやめ、新たに飲み始めるようにします。
低用量ピルを飲むようになり、早い人では次の生理のときに効果を感じることがありますが、2~3か月程度続けて効果を感じる人もいます。焦らず、飲み忘れがないようにしましょう。

副作用はある?

低用量ピルで副作用を感じることがあります。副作用として現れる症状には、吐き気、頭痛、だるさ、不正出血などがあります。またごく稀に血栓ができることがあります。服用をして3か月ほどまでが副作用が現れやすく、体が慣れることで軽減します。

まとめ

低用量ピルで元気になった女性
このように、低用量ピルで生理痛の緩和やPMSの改善などに期待がもてます。ホルモンバランスを調整する働きを持つ反面、体外からホルモンを取り入れることでバランスを保とうとするのですくなからず副作用があらわれてしまうこともあります。生理不順が当たり前になってしまっている人が、低用量ピルの服用を続けることでホルモンバランスが整ってきます。低用量ピルを上手に使えば、女性にメリットがあります。

※関連ページ「生理不順を改善できる!?低用量ピルの凄い力