低用量ピル以外の避妊薬について

ここまで低用量ピルのことについてお話をしてきましたが女性に嬉しい効果がある半面で毎日定時に服用しなくては効果が持続しません。現代の女性は女性が社会進出を果たしている時代です。時間に追われる女性も多くいるでしょう。
毎日の服用は難しいと考える女性も少なくないと思います。そんな時に多くの女性の力になってくれるもう1つの避妊薬が存在します。

避妊に特化したピルの存在

低用量ピル以外にも忙しい女性の味方になってくれる避妊薬が存在します。その避妊薬がアフターピルです。
アフターピルの特徴は性交渉をもった後に服用する避妊薬で別名、緊急避妊薬とも呼ばれています。アフターピルにも低用量ピル同様、高い避妊効果が期待できます。

高い避妊率が期待できるアフターピルの避妊効果

避妊効果は99%とほぼ100%の確率で避妊をします。個人差はありますが排卵日との関係で排卵日前後の避妊率は85%に下がってしまいますが、性交渉後から12時間以内に服用することでほぼ確実に避妊ができるでしょう。

緊急避妊薬という名前の意味

緊急避妊薬とも呼ばれ性交渉が終わった後すぐに服用できるアフターピルですが、緊急避妊薬と呼ばれるのにはもの1つ理由があるのです。それは緊急の場合のみに服用する避妊薬という意味もあるのです。

アフターピルに頼りすぎも禁物

親指を立ててアウトのサインをする女性
避妊具の破損や強姦、やむ終えない事情で避妊ができなかった時に服用するもので体のホルモンバランスを偏らすことで避妊をするため体への負担が大きく掛かってしまうのです。

そのため手軽で簡単に避妊ができるからと性交渉のたびに、アフターピルに頼る女性がいますがそれは禁物です。生理周期の乱れや排卵日の遅れなどアフターピルが起こす効果は大きく頻繁な使用は避妊率も下げてしまう場合もあるのです。

日頃から性交渉を持つ時に必要なもの

やはり日頃から特定の恋人やパートナーなどの男性と関係を持つのであればコンドームといった避妊具を使いましょう。避妊が上手くいかなかった場合のみ使用しましょう。
また避妊具を着けないのであればやはり毎日の服用が面倒であっても、低用量ピルを使うという方法が良いでしょう。