生理不順を改善できる!?低用量ピルの凄い力

低用量ピルの力を説明する女性
男性主体ではなく、女性自身が出来る避妊方法として低用量ピルは多くの女性の支持を得るようになりました。低用量ピルを正しく服用する事によって、ほぼ100%に近い確率で避妊出来る事が広く認知される様になった結果でしょう。このように随分と身近になったピルですが、意外と知られていないのがピルが生理不順の改善にも役立つということです。

実際に産婦人科でも、生理不順の改善目的で低用量ピルが処方されているんですよ。避妊と生理不順の改善、一見すると全く共通する点がないように思えるこの2つの目的に何故低用量ピルが効果を発揮するのでしょうか。

低用量ピルのおさらいをしよう

昔主流であったピルは、ホルモン量が多い中用量ピルというものでした。これは、女性ホルモン量が多いため副作用が大きい事が問題でしたが、現在主流となっているのはこうした問題点を改善した低用量ピルというものです。
名前からも分かるとおり、中用量ピルと比べてホルモン量が少ない為、副作用などの身体へ及ぶ負担が少なくて済むという特徴があります。ピルがこうして一般的になったのは、この低用量ピルが大きく貢献していると言えるでしょう。

もう少し詳しく説明すると、低用量ピルには排卵から生理前にかけて分泌量がピークになる黄体ホルモンのプロゲステロンと生理から排卵前にかけて分泌量がピークとなっていく卵胞ホルモンのエストロゲンという2種類の女性ホルモンが配合されています。そしてこのように、卵胞ホルモンの量が50μg(0.05mg)に満たないものの事を低用量ピルと呼びます。

低用量ピルが避妊に効果がある仕組みを簡単に説明すると、ピルに含まれる女性ホルモンの作用により妊娠した時と同じ様な状態を作り、排卵を抑制するためです。その他にも子宮内膜の増殖を抑えて妊娠しにくい状況を作ったり、子宮頸管粘液も精子が通過し難い状態にするなどの避妊作用があります。
低用量ピルは継続して飲むことで避妊作用を得られますが、アイピルを含むアフターピルは緊急的に避妊が出来ることで知られます。

低用量ピルが生理不順に効く仕組み

低用量ピルの効果の仕組みとは
そもそも生理というのは、卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンが周期によって規則正しく分泌量が変化する事によって起きるものです。卵胞ホルモンのエストロゲンが子宮内膜を段々と厚くしていき、そのピーク後、今度は黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されるようになると排卵が起こります。

しかし、精子が来ず受精しなかった場合は子宮内膜が剥離して生理が起こります。それまでの間に何らかの理由で、2つの女性ホルモンバランスが乱れてしまうと生理不順に陥ってしまうんですね。一言で生理不順といってもそのタイプは様々です。

もっとも多いと思われるのが、一般的な28日よりも生理周期がずっと遅くなることです。こうした生理不順は、稀発月経と言われ、おおよそ生理周期が39日以上だとこのように呼ばれます。これとは逆に生理周期が24日以内に来るような場合は、頻発月経という生理不順に分類されます。他にも生理期間が短い、もしくは長いといった場合も生理不順の一種だと言えますね。

低用量ピルがこうした生理不順を改善する効果が期待出来るのは、ピルを継続して服用する事により女性ホルモンバランスが整うためなのです。低用量ピルには、黄体ホルモン・プロゲステロンと卵胞ホルモン・エストロゲンが含まれていますから、ピルの作用で体内の女性ホルモン量をコントロールして乱れた女性ホルモンバランスを調整する事が出来るのです。

こうして女性ホルモンの量をコントロールする事で、大体生理周期が28日に統一されていきます。
ですから、稀発月経にも頻発月経にも低用量ピルは効果的なんですね。休薬もしくは擬薬に切り替えてから、大体2日から5日の間に消退出血が起こるはずです。
消退出血は、排卵がないだけで出血する仕組みは子宮内膜が剥がれ落ちるためと通常の生理と同じ理由になります。また低用量ピルを服用する事で、生理周期が整うだけではなく生理の期間も5日前後程度に統一されてくるものです。

生理不順解消の為のピルの飲み方は?

生理不順解消の為に低用量ピルを服用する場合、その方法は避妊の為に服用する時と同じように毎日なるべく決まった時間にピルを飲んでいきます。ピルの種類によって飲み方が多少異なり、21日飲み続け7日間休薬、また28日間服用し続けなければいけません。これは避妊の為に服用する方法と全く変わりません。

低用量ピルが効かない生理不順もあるの?

例用量ピルが効かない生理不順とは

こうして生理不順にも大きな効果を発揮してくれる低用量ピルですが、全ての生理不順に効果があるわけではありません。例えば、子宮筋腫などの疾患があったり女性ホルモンのバランスの乱れ以外の外的要因がある場合は効果を感じる事は出来ないのです。

こういったケースでは根本的な原因を治療することが最優先となります。逆にこのようなケースではピルの作用が悪影響となってしまう事もあるので注意しましょう。
生活環境の変化やストレス、また身体に筋腫などの異常がない原因不明の生理不順の場合には、2つの女性ホルモンを含む低用量ピルは効果的と言えるのです。